未来の星のように・・・
管理人の日常をつづった簡単な日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
「生きてる」こと。
人はいつか必ず死んでしまう。

今まで多くの大切な人を失った。

おじいちゃんが死んだとき、泣いた。

伯父さんが死んだときも、泣いた。

誰もいないところで、一人で思いっきり泣いた。

大切な人を失う悲しみを、これから人生で何度も味わうことになるだろう。

そんな辛い思いをしたくない。だからいっそ早く自分も死んじゃいたい・・・

そんなことを、何度も思った。

でも、自分が死んだら、どれだけの人が深く、悲しい気持ちになるんだろう。

友達、両親、家族、親戚・・・

自分自身がそんな絶望の対象になるのは、もっとイヤだ。たとえ地上から露と消えようと・・・。


苦しいこと、辛いこと、悲しいこと。この先何度もあることだろう。

そういう時は声を上げて、思いっきり泣いていい。

涙を流すたびに、強く、優しくなれるから。

1人でも自分を失って悲しい思いがする人がいる限り、頑張って生きて行こうと思う。

とにかく生きてさえすれば、大切な人の笑顔、また見ることができるよね。




これは私の一応オリジナルの詩です。かつて某HPに投稿したものですが・・・。自殺願望の強い人って、この世の中イヤに多いですね。そんな、生きるのに前向きでなくなった人を憂いた詩です。ぜひ感想いただければ嬉しいです。
スポンサーサイト
【2005/10/23 14:35】 | ポエム | トラックバック(0) | コメント(1)
| ホーム |
プロフィール

玲(りょう)

Author:玲(りょう)
管理人の詳しいプロフはコチラ




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。